FC2ブログ

「ス」の月の「ス」の日

「ス」の月の「ス」の日

三救です。

メシヤ教様の『御神体御奉斎』二十周年の記念すべき祭典玖珠の地で執り行われますことを心より御祝福申し上げます。
スポンサーサイト

再開いたします。

要請により『メシヤ様の御精神を現代に求める座談会』のブログは閉鎖しましたが、振り返って読ませていただくと、埋もれさせるには惜しい学びがたくさん見つかります。

そもそも、ブログを見ていない人はブログが気にならないはずです。
一人でも見て頂けるのならその人のために発信出来たらいいなと思います。
ですから、見たくない人は見ないでくださいね。

と、三救のブログで気になる投稿を時々発信しておりました。

変則的ではありましたし、

『メシヤ様の御精神を現代に求める座談会』を作られた先生の想いは後世に伝えていきたいので、このブログを再開しておくこととします。


このブログは閉鎖いたします。

もう使っていないので閉鎖するようにとのお話を頂きましたので、閉鎖いたします。

特選集no.103(平成21年8月分)で 本来の「特選集」の形になる
各地のホームページやブログで互いに触発

との先生の想いは受け継がれていくことを切望いたします。

最近の話題-1

加良比乃神社と建速須佐之男命様

宣長さんと大祓祝詞
本居宣長について『本居宣長は言霊学の開祖である』『二千年か三千年前には、言霊というのはあったそうだね。それがしばらく絶えちゃったので、本居宣長が復活したんです』と御教え頂いております。
昨日はホツマツタヱから大祓祝詞を学びましたが、今日は宣長さんとこの「現代人のための祝詞」から学びたいと思います。

大祓祝詞とホツマツタヱ
ホツマツタヱについては、メシヤ講座で何度か取り上げられております。
そこで、今節分祭を前にして神言(大祓祝詞)を学んでおりますが、ホツマツタヱに大祓祝詞の記述の見られる箇所を調べてみました。興味のある方は一緒に確認いたしましょう。

お詫びの御神業 様々に・・・
神言の解説を読んでいますと、我が天御孫命(あがすめみまのみこと)最愛の直系のお孫様とはだれなのだろう?と気になるのですが、通説では瓊瓊杵尊様となっている。と「天津祝詞 神言のてほどき」にありました。
そうすると瓊瓊杵尊様とはどのようなお方?とまた気になりますよね。

神言と藤壺
閻魔大王の絵のこと、紅白梅屏風の話題が出て、『神言祝詞』のことを考えていました。
そういえば、野々村仁清の国宝色絵藤花文茶壺がメシヤ様がお亡くなりになられる直前に入手された。
閻魔大王の絵が国常立尊様が現界にお現われになるという型でした。
国宝級の美術品でメシヤ様が入手されたものには何かのメッセージ性があるのではないだろうかと思ったのです。

艮の金神による現界的裁き 神言の意味
節分祭で奏上する「神言」の意味を知りたいという意見をお聞きしましたので、手書きで申し訳ないのですが、「天津祝詞・神言の手ほどき」から抜粋記載いたしました。

高皇産霊神様、神皇産霊神様、祓戸四柱の神
神言は大まかには七章で構成されています。

「天津祝詞・神言のてほどき」より
節分祭には神言を奏上しますので、神言は大祓いの祝詞だなと思って、「天津祝詞・神言のてほどき」を読みましたら、
天津祝詞・・・禊
神言(大祓祝詞)・・・祓い
とありました。新年祭の覚りの旅で『祓戸の四柱』のことが出てまいりました。
そこで、天津祝詞・神言に登場する神様に着目して「天津祝詞・神言のてほどき」を参考に資料を作ってみました。

’19年2月度 覚りの旅 資料 『浄霊と幸福』

2019年2月度『覚りの旅』資料 〇悔い改めの必要性

2月度 覚りの旅 の御教え『浄霊と幸福』



悔い改めの必要性

2019年2月度『覚りの旅』資料 〇悔い改めの必要性

〇救われる人と救われない人が(次第に)決められる
・救われる人の方が少ない
・救われる人は手数がかからない
・分からない人は追わない方がよい
・御守護を頂いても迷う人は追わない方がよい
〇分からない人は諦めること
・浄化作用が強くなるにつれて
〇悔い改めの必要性
・罪の根源について
・裁きの前に悔い改める
〇神に縋って罪を赦して頂く
・命を救われたことを忘れた人へ
・大浄化の折、喜ばして返報返しする
〇国常立尊様が現界に現れて審判が始まる
〇三千世界の大芝居
〇因縁によって御用に召される

最後の審判は病気で来る。

御神書研鑽会 語録-1 最後の審判は病気で来る。


〇『立春の御教え』は長年拝読しないと深い意味はわからない。
昭和29年2月4日、5日、6日、7日の立春祭において賜った御教えのことです。

立春の御教え

私は節分祭、立春祭の前には必ず拝読させていただいているのが、
立春の御教えです。

再び『立春の御教え』について

節分祭、立春祭の学び

節分祭、立春祭を前に研鑽されておられる様子がよくわかります。
私達も学ばせて頂きたいと思います。

『主神様の御目的と天地経綸の真相』を説明するに当たって
天照皇大御神様について
節分祭の由来とも関係する‘隠退劇’
物質文明の実権者は乙姫尊
物質文明の進展を任ぜられた素盞鳴尊
限定的経綸と各宗教の役割
立春祭の意義
自らの特性や精神のクセを探る手がかり
霊統について
人間の霊的構成
神幽現三界の実相


覚りの旅

覚りの旅 資料リンク

『覚りの旅』では『主神様とメシヤ様』を1項目ずつテーマにし、順次学ばせて頂いております。

ようこそ。Three Pillars of Salvation 『三救』へ。

救いの三本柱(三救)Three Pillars of Salvation
ようこそ。Three Pillars of Salvation 『三救』へ。 メシヤ様のご精神である御教えを中心において、⦿浄霊⦿自然農法⦿芸術による救いを、現代に伝える取り組みを進め、その恩恵を享受できる人々が一人でも多く集える世界、地上天国建設を目指してまいりたいと思います。ご愛読いただければ幸いです。

このブログは運営しておりません。

申し訳ございませんが、このブログは運営しておりません。

管理人はメシヤ教を退会し

救いの三本柱(三救)
Three Pillars of Salvation


のブログにて情報発信しております。

月次祭について

本部です。

本日、本部9月度月次祭を執り行わせていただき、ご参拝の皆さんは御力をいただいて各地の御神業に出発されました。
先月から新たな学びを開始した月次祭では、各支部、各出張所、各集会所とも努力や工夫の跡がみられましたが、こちらのお願いが不十分であったために、継続性が生まれなかった点に対して御垂示をいただきました。
改めて、次の五点をお伝えしますので、ご確認して月次祭をお迎え下さい。

① 「場」づくり、月次祭の霊界を整えるために順序を正すこと。席順、役割をはじめ御神前の佇まいを見直す。
② 月次祭は出発点でもあり中間点でもあるという位置づけを再認識する。前回の拝読で学んだこと、受け止めたこと、覚りと思われたこと、それを今月の月次祭まで見つめた結果どうであったのか検証して「確かにそうであった」とか「受け止め方が浅かった」などと振り返り、これから一ヶ月間をどう過ごすのかを考える場にする。
③ 月次祭で御力をいただき、日々を過ごし、その中で、月次祭で目にしたことや耳にしたこと、そうしたものが人の中で動き出し、いろいろな物事を変えていく。その様子を次の月次祭で話してもらう、聞かせてもらう、色々話し合う、御教えに返す、といったことで本当の「共振」になっていく。
④ その上で次の月次祭に向けて御教えを拝読し、「こうではないか」「こう受け取った」というものを出してもらい、それを以て各々が生活する中で熟させ、次に迎えた月次祭の時に「実際はこうでした」「思っていたものと実際とはこう違っていました」という声を返してもらう。
⑤ 感じたことを話すだけでは、あるいは心がけた体験を伴わない話を重ねるだけでは、今のままでは「覚り」という言葉の乱用になる。過去のレベルと同じになってしまい、自惚れとなってしまう。

この5点は本部側に御指摘いただいたことですが、神界の絶大なる御期待がひしひしと伝わって参ります。
先月から本部月次祭でのメシヤ講座もアップするようになり、岡山、大阪、三重、鎌倉、浜松、出雲の各支部を順に読んでゆくと「覚り」の変遷が確認できるようになりました。話の骨子は同じでも「共振」する内容に各支部の特徴があります。
手探りで歩む「覚りの旅」ですが、どうぞよろしくお願いします。

メシヤ講座・三重更28-7月度分掲載しました。

三重支部です。
天皇陛下の御譲位というニュースに平成の時代(岩戸開き)から次のステップへの時代の転換期ではないかと思いました。
さて、メシヤ講座・三重をホームページに掲載いたしましたのでお知らせいたします。

【主な内容】
◎新たな御神業の始まり
◎『おい!開拓布教に行くぞ!』
◎祝詞奏上を神習う
◎「ミクラタナの神様」からの御伝達
◎『天恩地惠』の深い意味
◎太陽の黒点は主神様の御意図の顕れ
◎メシヤ様ご昇天の意味

「地上天国祭」代表挨拶をアップしました。

本部です。

「地上天国祭」代表挨拶
http://meshiya-kyo.net/ceremony/2016/06/paradise-earth201606/
をアップしましたので、お知らせします。
既にアップされているお蔭話は、大変好評です。
岡山支部の徳田研理さんは、医学的には不治の病とされている緑内障が良くなっているのですから、大変な御力徳の証です。二年前の御守護から薄紙を剥ぐように次々と好転している背景には、支部のお世話と想念の持ち方がありますので、自分に置き換えて学ばせていただければ一層参考になると思います。
広島支部の舩井三知代さんは、御教えに沿って救霊を許されました。「涙なくして耳にすることができなかった」と感想を寄せて来た人もいました。共々に御教えに一層学びを求め力をいただいて参りたいと思います。
サイト係の説明は設備に不備なところがあり申し訳なく思っています。しかしながら、今後の学びや布教に役立つように構成していますので、実際にサイトを開いてお試しいただき、そのことを通してご活用いただきたく願っています。代表挨拶の『善』に沿って、将来のために内容の整理を行いつつ進めております。
さて、代表挨拶には、祭典時では判明していなかった『宇宙の意思』からの通信内容の解析を追加分として掲載しています。
熟読玩味していただければ幸いです。
7月のメシヤ講座から『主神様とメシヤ様』の学びにいよいよ取りかかります。目指すことは皆さん方の覚りです。こちらから一方方向で取り次ぐのではなく、拝読後の皆さんの覚りをお互いに確かめ合いたいと考えています。そのためにも、くれぐれも書籍をご持参いただくように関係の皆さんへお伝えください。
7月は1ページから18ページまでを学びます。
それでは「地上天国祭」において賜った御光を因縁の人々に隈無くお届けする御神業をお進めください。

御教え勉強会・三重 28年6月

皆さんこんばんは。
三重支部 です。

6月はメシヤ講座はなく、支部で御教え勉強会を実施しましたのでその様子と、作成した研鑽資料を参考にホームページに掲載いたしました。

御教え勉強会 
28年6月分掲載 ⇒http://mesiyamie.web.fc2.com/miosiebenkyoukai2806.html

(資料)http://mesiyamie.web.fc2.com/201606miosiebenkyoukaisiryou.pdf


よろしくお願いいたします。


【本部サイト】御蔭話アップのお知らせ

メシヤ教サイト係です。

地上天国祭、おめでとうございました。

サイト係が報告した御蔭話をアップしましたのでご報告いたします。
以下のアドレスよりご覧ください↓
http://meshiya-kyo.net/testimonial/2016/06/religion_main201606/

新本部サイトのアドレスは以下です↓
http://meshiya-kyo.net/

ご活用いただけると幸甚です。

本日はありがとうございました。

「大阪支部メシヤ講座」掲載

大阪支部です。


H28年5月度の「大阪支部メシヤ講座」を
支部HPに掲載いたしました。
http://www.meshiya-hirakata.com/index.php?201605

本部HPにも掲載されております。
http://new.meshiya-kyou.net/selection/184_osaka/


【大阪支部メシヤ講座】内容

◎自然宗教と文化
◎現代文化の根本を見つめ直す
◎浄霊の基本的な仕方
◎御浄霊をご夫婦で始めてみて・・
◎良い医者と悪い医者の見分け方


以上よろしくお願いいたします。

メシヤ講座・三重 28年5月分掲載

三重支部です。

メシヤ講座・三重 28年5月分掲載しましたのでお知らせいたします。
http://mesiyamie.web.fc2.com/

【今月の主な学び】
◎宗教に対する考え方を整理
◎集落の人々の安全と繁栄を願う運営
◎御教えが世に出る時代
◎真の設計書作りを
◎どんどん不祥事が明らかに
◎天国的な忙しさ
◎武力と漢字の流入時期
◎依存する事が薬毒の中で一番の問題点
◎宗教とは社会改革である

<来月の御教え>
『浄霊とは何か』(昭和二十八年)他
本文は『天国の福音書続篇(三)入門と奥座敷』72ページ
六月は楳木代表指導はなく参加者で学び合います。

竣成記念大祭の代表挨拶をアップしました。

本部です。
ただ今、竣成記念大祭の代表挨拶をアップしました。
http://new.meshiya-kyou.net/2016/05/head-qtr/
熊本・大分地震の影響で交通の利便性が悪い中、大勢の方々が大祭にご参拝されました。心から感謝申し上げます。
発表者の原稿も順次アップします。
メシヤ教としては、初めての資格付与と辞令交付を執り行い、それを受けての決意表明ですので読み応えがあります。
また、これまで「本部御神体御奉斎記念式典」「新本部竣成祭記念大祭」という名称で祭典を執り行って参りましたが、今後「竣成記念大祭」という呼称に統一させていただくことにしました。
それに併せて、各大祭の呼称も統一させていただく方向で検討を加えて参ります。
それでは、関係の皆様へよろしくお伝えください。

本部大祭発表文を掲載しました。

編集出版部です。

本部大祭発表文を三重支部HPに掲載しました。
http://mesiyamie.web.fc2.com/280505taikendann.html

震災の報告

本部です。

この度の地震では多くの方々からご心配をいただき、またご支援の申し入れをいただき、心から感謝申し上げます。

本部施設では御神前から新設した玄関にかけては一切被害はなく、住居部分の木組みが多少ずれたり壁の一部が剥がれたりしましたが大したことはなく過ごさせていただいています。余震があるたびに塗り壁の聚楽の粉が落ちることがある程度です。

熊本光の森出張所は一昨昨日から電気、水道が復旧して、近くのスーパーも営業を再開しているそうです。また出張所関係の方々も無事ですが余震が続く中で用心しながら過ごしているのが現状です。水などは不足なくあるようです。お蔭様で、メシヤ教関係者では特に支援の要請はありません。お気遣いいただき、重ねて心から感謝申し上げます。

今後は公的機関の支援活動にご尽力いただければ幸いです。

最後に、今回の地震は他地域の活断層にも刺激を与えているようですので、普段の警戒、備えを心がけてお過ごしいただくことをお願いして報告とさせていただきます。

メシヤ教 楳木和麿

メシヤ講座・三重 28年4月分掲載しました。

三重支部です。

この度の大地震の報道を連日目にし、胸痛む思いでございます。
余震が一日も早くおさまり、被災された方、避難されておられる方々が安心して暮らせる日常が戻りますようお祈り申し上げます。

メシヤ講座・三重 
28年4月分掲載しました。

【今月の主な学び】
◎恐竜の出現は土木工事の為
◎科学的発展を基に思考を拡げる
◎ご先祖様の御導き
◎世のカラクリを見つめ、人々を救うとはどういう事か考え直す
◎良い医者と悪い医者の見分け方
◎目標を明確にする
◎経済活動をする為に実は薬は出ている
◎こだわり過ぎると、生命体の本質を見失う
◎新たな救いの拠点を賜る
◎大浄化を許される
◎『二度目が本当』

「メシヤ降誕本祝典」記念大祭の代表挨拶をアップしています。

本部です。

本部庭園の桜も満開を迎え、本日の月次祭参拝者の目を楽しませてくれました。

さて、既に「メシヤ降誕本祝典」記念大祭の代表挨拶をアップしていますが、皆さんへのご連絡が遅くなりました。

アドレスは

http://new.meshiya-kyou.net/2016/03/memorial/

となります。

勉強会などで活用する場合には、一旦ワードに貼り付けて、各支部などで使用しやすいようにレイアウトして印刷して下さい。

ご面倒をお掛けしますが、宜しくお願いします。

素晴らしいお蔭話を通して、学びや気付きを得た方々から次々と報告をいただいています。

そのお蔭話内容と併せてご参照下さい。

また、話題が変わりますが「入門と奥座敷」を寄贈した図書館からもお礼状が届いています。

改めて、皆さんの誠の籠もったお取り組みに感謝申し上げます。

それでは、関係の皆さんへ宜しくお伝え下さい。

メシヤ講座・三重 第100号 平成28年3月度掲載!

三重支部です。

3月22日に動座祭を挙行しました。
新居より見える長谷山の景色が目に優しく
清々しさに心洗われる思いです。

さて、
メシヤ講座・三重 第100号 平成28年3月度を掲載いたしましたのでお知らせいたします。
http://mesiyamie.web.fc2.com/mesiyamie2803.html

本部祭典「立春祭並びに世界救世(メシヤ)教開教記念大祭」代表挨拶をアップしました。

本部です。

「メシヤ降誕本祝典」記念大祭では大御光を賜り、心から感謝申し上げました。

また、当日発表いただいたお蔭話が素晴らしく、併せて参拝された皆さんから喜びの声が寄せられ、大変感動しております。

本部の工事も全て終了し、新しい形で御神業推進が許されています。

さて、遅くなりましたが本部祭典の「立春祭並びに世界救世(メシヤ)教開教記念大祭」代表挨拶をアップしました。トップページからお入りください。

当日のお蔭話は岡山支部でアップされていますが、残りのお二人のアップは少しお待ちください。

なお、3月の各支部、各出張所、各集会所月次祭でのメシヤ講座は引き続き「入門と奥座敷」を使用します。

『開教の辞』を拝読し学び合います。

それでは、関係の皆様へ宜しくお伝えください。

◎メシヤ様の御用に携わり、仏壇に観音様が現れる

三重支部です。

3日のメシヤ降誕本祝典記念大祭は好天に恵まれ行きも帰りも富士山を拝することができました。
霊界から私たちの地上天国建設の御用を助けようと働いておられる御先祖様との繋がりを実感できた大祭であったと思います。

さて、
三重支部 坂下ひとみさんの体験発表

◎メシヤ様の御用に携わり、仏壇に観音様が現れる

をホームページに掲載いたしましたので拝読いただけたら幸いです。

メシヤ講座・三重 第99号 28-2月を掲載

三重支部です。
メシヤ講座・三重 第99号 28-2月を掲載いたしました。
http://mesiyamie.web.fc2.com/

【今月の主な学び】

◎世界救世(メシヤ)教教義 について

質疑応答

◎重力波観測のニュースについて
◎神様の事は、奥の奥にまた更に奥がある
◎我々はメシヤ様から病貧争を無くしていく、真善美の完き恒久平和の理想世界実現をする為の知恵と力を頂いている

メシヤ講座・特選集(no.180・平成28年1月分)をアップしました。

本部です。

お待たせしました。

ただ今、メシヤ講座・特選集(no.180・平成28年1月分)をアップしましたので、ご連絡します。

アドレスは

http://new.meshiya-kyou.net/selection/meshiya180/

です。

また、新ホームページでは知りたい内容を検索できるようにしております。

「過去のメシヤ講座でこんなことに触れていないだろうか」

「子育てに参考に出来ることはあるだろうか」

「こうした悩みは解決できるのだろうか」

「病名でお蔭話を調べてみよう」

などと、様々検索できるように、順次整えて参ります。

どうぞ関係の皆さんへ宜しくお伝えください。

メシヤ教ホームページをリニューアルしました。

本部です。

本日執り行わせていただいた「立春祭」並びに「『世界救世(メシヤ)教』開教記念大祭」にはかつてない多数の参拝者が許され、盛大で感動的な祭典となりました。

昨年秋に奉納されたメシヤ様御直筆の御書「幽玄力」の御働きを幾重にも、しかも随所に感じさせていただきました。

勿論ご報告いただいた方々三名の内容、国内外から入会のためにご参拝した方々の経緯、それぞれの中にも感じることでした。

また、青年会発足準備に集った面々が祭典受け入れ準備から後片付けまで滞りなく取り組み、新しい体制に花を添えるものとなりました。

ご奉仕に取り組まれた方々、遠路ご参拝された方々に心から感謝申し上げます。

さて、新しい体制に呼応して本日メシヤ教ホームページをリニューアルしました。

新しいアドレスはhttp://www.new.meshiya-kyou.netです。

大きな変更点はメシヤ講座・特選集を分類したことです。メシヤ講座は「代表講話」「神界通信」「代表対談」に分類して掲載します。また、本部祭典のページを新設して代表挨拶はこちらに収録します。

そして、悩みを持つ人々に対して最も力となる御蔭話はテーマを細分化して掲載します。

御神業編でまとめていたお蔭話は、組織論に悩んでいる方々が活用しやすいように、所属していた教団毎に分類して掲載します。

総じて、初めて訪れる方が求めている情報にストレスなく辿り着けるように心掛けました。

まだ工事中の所も多々ありますが、順次充実を目指します。

どうぞ、関係の皆様へ宜しくお伝えください。

メシヤ講座・三重 28年1月分掲載しました

三重支部です。

メシヤ講座・三重 28年1月分掲載しました。
http://mesiyamie.web.fc2.com/

【今月の主な学び】

◎『救世(メシヤ)教とは何ぞや』はメシヤ教が『天国の福音書』続篇を次々と発刊して行く時の序文
◎メシヤ様は、現在文明の一大欠陥を明らかにし、それを是正すべく、メシヤ教を通して御神業を進められようとなされた。
◎立春祭より、新たな体制で御神業を進める。
◎『最上級の詐欺』の片棒を医者の名の下によって担いでいる
◎イエスキリストは万人には浄霊力を授けることはできなかった。
◎磔の十字架を祈らせるという『最上級の詐欺』
◎「初めに言葉ありき」
◎メシヤ様をずっと求めて行っていると、全てが明らかになっていく
◎浄化を頂いて・・・、『魂を揺り動かす』
◎阿弥陀様が観音様に変わった
◎ご先祖様も一緒に参拝される。先祖と伴に御神業を進めよう。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード