FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メシヤ様の弟子は反省しなくてはならない

本部です。

昨日の緊急のご連絡にも記述しましたが、重ねて東北から関東、信越において被災された方々、身魂様に心からお見舞い申し上げます。お掛けする言葉もありません。

大震災が起きた際に三重支部で「メシヤ講座」の後の直会に臨んでいました。「メシヤ講座」の質疑応答では『文明の創造』中の

即ち火は経(たて)に燃え、水は緯(よこ)に流れ地は不動体となってゐるが、之は絶対ではなく、呼吸運動による動体中の不動体である。そうして経(たて)と緯(よこ)とは超微粒子の綾状的気流となって、地球を中心として貫流し、運動してゐるのである。

について論究していました。このたびの地震が日本列島が影響を受けている4プレートによって起きたことを勘案すれば、御教えに対する求め方の浅薄さに大鉄槌を揮われた思いがいたしました。これは被災された方に対してではなく、メシヤ様の御教えを学んできた者たちに対してです。

昨日、MOAの東京療院の建物が耐震構造になっていることから臨時の避難地になった情報が入り、“かつて環境科学研究所が世界救世(きゅうせい)教にはあった”ということが急に脳裏に浮かびました。『文明の創造』を基に環境科学に対する研究を構築していたら、もっと啓蒙運動が進展していたのでは・・・、と思わされました。それを権力闘争に明け暮れ、人類のために貢献することができずに来てしまいました。ひたすら主神様、メシヤ様にお詫び申し上げました。

「すぐにでも被災地に駆けつけ救援活動に参加したい」と口にする信者さんも大勢いますが、この惨状では、プロでなければ成す術もありません。やはり自衛隊、消防隊の方々の活躍に頼るしかありません。政治に関わるならば、自衛隊を災害救助隊というように性格を明確にして厚遇するような働きかけが必要不可欠です。災害には自然、人為に対しても権限を内閣に集中して瞬時に対応できる体制こそ急務です。これは戦時逐次投入を避けるためです。

「御教えに対する探求」とそれに伴う「人類への貢献」を、可能な限りメシヤ様信者に働きかけてください。遅すぎる観がありますが怠惰な罪を重ねてはなりません。

本日は、これから浜松支部の月次祭です。謹んで祭典に臨ませていただきますので、この文面をコピーなり添付するなり、またご自分の思いを添えてあらゆる手で宣布してください。


=========================
本部より上記投稿の前に本部と枚方支部よりMLにて皆さまに情報連絡がありました。

(本部よりMLにて)2011年3月12日18時37分

原発のことについて

皆様へ

こんばんは。

今回の大地震では甚大な被害が出て、被災者の方々へ心からお見舞い申し上げます。

ただ今、原発の被害における爆発音の報道がありました。実態は詳細には分かりませんが、専門家の話として、外出する場合には「肌を露出しない」「傘をさす」ことを一人でも多くの方へ伝えてほしいとのことです。

風向きの関係で二次被害を受ける恐れがあるとのことです。このご連絡は、西日本の方々へも伝えております。

==========================
2011年3月13日6時31分

枚方支部よりMLにて

みなさまへ


原子力保安院の会見が混乱し、5時過ぎ再開しましたが、会見内容は大差ありません。現在も会見中です。

http://www.ustream.tv/channel/hatakezo

NHK、民放で放映されている事は事態を明確に伝えていません。パニックを避けるためです。

これらに対して専門者集団である

原子力資料情報室が記者を集めて緊急会見にて対抗しています。

http://www.videonews.com/press-club/0804/001742.php#video


現在、原発は最悪の事態に突入している、ということです。そうして、一か八かで、最終手段の海水にて冷却に着手しているということです。

原子炉がヤカンとすると、ヤカンの水が水蒸気となって、排管に行くのですが、その管が切断されたためなどが考えられ、結果的に現実、水蒸気が原子炉内に充満し、その外側の鉄製容器に漏れ、設計上絶えうる4気圧を遥かに超えた8気圧となり、それが為、安全弁から抜け、さらにその外側を包んでいる鉄筋コンクリが爆発破壊された模様です。

水蒸気はむろん放射能を含んでいます。水蒸気は、ヤカンの水が元ですので、どんどんと核燃料が剥き出しになっていき、冷却水が補給されないので溶解し出します。

冷却水に使う海水ポンプも大変難しい技量が必要で、有る程度冷却すると、再度臨界に達するためにホウ酸を加えていますが、どうなるか結果は神のみぞ知るという緊急最終手段いうことです。

同情報室で、日本の原子炉設計された方などが見解述べていますが、そもそも8気圧などなることは想定してないので、その対策など確実なものは無いという事です。

あくまで考えられない、せめてもの最終手段が海水ということです。

代表先生のMLにありましたように、冷却が成功するまでは、特に留意が必要かと思いましたので、MLを利用させていただきお知らせさせて頂きました。

=====================
 
平成23年3月13日11時52分
「岩戸開き」管理人です。

 この度の東北地方太平洋沖地震におきまして被災されました多くの方々にお見舞い申し上げます。一日も早い復興を、お祈り申し上げます。

 平成22年12月23日以降、世界各地におきまして、天地間の浄化作用は、厳しさを増しております。我々人類の偽悪醜に満ちた心言行が極度に達しており、強い風の力、水の力、火の力を用いなければ浄化できないのだとすれば、眞善美に満ちた心言行の実践を心掛け、その重要性を伝えなければいけないと感じるとともに、反省いたしました。

 さらに、偽悪醜の心言行をつくった薬毒の排除についても、伝えることの重要さは、より重要となるでしょう。そのことを、今後とも当ブログにおいて、発信していきます。

 今回は、糖尿病についての、メシヤ様の御教え、三好基晴先生の医学解説を掲載させていただきましたので、よろしくお願いします。http://blogs.yahoo.co.jp/uga648/MYBLOG/yblog.html


スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。