FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染色体の「転座」解明

三重支部 です。

染色体の「転座」解明 藤田保健大 がん・不妊症の原因の記事が3月13日の朝日新聞に出ていました。

染色体の一部が入れ替わる「転座」のうち不妊症や染色体異常の子の出産を引き起こす11番目と22番目の染色体の「転座」に注目、この「転座」が起こる切れ目ではDNAの配列が「回文」のように同じ並びになることはわかっていた。

今回の研究で、

①回文の部分のDNAが十字形に曲がる
②通常は傷ついたDNAを修復する働きをもつ酵素が十字形を斜めに切断
③入れ替えてつなぎ合わせてしまう。

ことがわかったという。

〝十字″ 〝入れ替え″ と聞いて何か思い浮かびませんか。
『文明の創造』の最後に掲載された『基督教と善悪』が浮かんだのです。
『十字架に架ける演劇をした。』『罪を崇拝させ 悪魔と霊線を繋がれ 世界人類の霊魂を曇らせる』という箇所です。

私が言うのもどうかと思いますが、心のどこかで〝この御教えは本当にメシヤ様がお書きになられたものか″という一抹の不安があったのです。
今回の研究がこの御教えの正当性を明らかにしてくれたように思えてなりません。とてもスッキリした気分になりました。

また〝11番目と22番目の染色体″という数字も意味がありそうです。
素直に考えれば〝夫婦(22)の和合(11統一)が成れば子孫が繁栄する。″
と受け止められます。

【御教え】
『観音講座』昭和10年8月15日

霊界と現界との関係

 現界  火  水  土
 火は水と物とで燃ゆるのである。水は火により流れるのである。火が無ければ凍結す。夫婦にしてもこれと同様に、正反対なるが為に生成化育が出来進歩発達するのである。いかに反対な性格でも子供が出来るだけ調和がとれているのである。土は木、石、金、火、水、灰、炭、酸、密、結、粘の十一種より成る。故に十一則ち土である。

とありますので、11というのは夫婦に欠かせない数字ですね。


スポンサーサイト
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。